鉄壁システムのご紹介

日本製鉄グループであるNSハイパーツ株式会社の全面協力を受けて
千葉県にある
マツイ社と共同で新しい建築システムを開発しました。「鉄の壁」で作られることから、この名称になりました。
2022年現在、2棟が完成して、2つのプロジェクトが進行中です。


正式名称は薄板軽量形鋼造。一般名はスチールパネル構造(スチールハウス)です。


「丈夫な建物を建てるなら鉄筋コンクリート造が一番。」
それが常識でした。でも本当にそうでしょうか。

建物は重くなればなるほど、大地震時に受ける力も大きくなります。(自重の影響を受けます。)


ーーーもし、軽く、硬い建物を作ることができたらーーー


NSSF工法は、2x4の木材を鉄に置き換えたところから始まり、
「面」で地震力・風圧力に対して抵抗します。
そして、構造基準は「木造」よりも厳しい「鉄骨造」のものが適用されます。


設計段階において、耐震壁を適切な位置に配置。
基本は1階から4階まで同位置に入る「連層耐震壁」です。

平面プランニングは非常に難しいものになりますが、基本設計段階で設計者とパネルメーカーが協議を重ねることで、
「住みやすい間取り」かつ「無駄のない構造体」を実現します。


鉄筋コンクリート造の建物でも、不整形なものは、一部に集中して力が掛かり、それ以外のところには、あまり力が掛かっていません。
柱際にスリットを切ったコンクリート壁は地震に耐える役割を果たせず、重量を増やし、地震時に負担を増加させるだけの存在です。


軽い材料を用いて、設計段階から構造的なバランスを考え、全ての耐震壁が役割を分担する。
自動車の様なモノコック構造として建物を構成する。


こうすることにより、「最小限の鋼材」で「強固な建築物」を作ることができます。

床パネル・壁パネルに使われる部材は、物件ごとに設計図をもとに、「鋼板を切り出して」工場で作られます。
既製品の柱を切って余った部分を捨てるということはしておらず、廃棄物がほとんど発生しません。


外断熱構造ですので、省エネ性能も最高レベル。(断熱材の厚みをあげるだけで断熱性能を上げることができます。)

サステナブル・低炭素といった、社会の要請にも正しく応える、最も優れた工法です。



ーーー鉄筋コンクリート造を超えて行く---


2021年、プロトタイプの2棟の建築が始まり、2022年4月までに2棟とも完成しました。

体感的には、建物外の音に対しても、隣戸からの音に対しても、非常に遮音性が高い物件になりました。
今後、計測を行い、不足する点は改善した上で、鉄筋コンクリート造の物件よりも性能で上回る仕様を目指して行きます。

2022年8月、1棟目の物件の入居者様に感想をお伺いしました。
遮音性や断熱性など、体感経験をお聞きして、設計で意図した性能が出ていることを確認できました。



ーーーコストはどの工法よりも安くーーー


約150坪程度の4階建マンションが坪100万円程度で建築できました。(2022年4月完成物件)
昨今の資材高騰で厳しい環境が続きそうですが、ここからなるべく上がらない様に、工程の無駄をなくすなど、
性能に影響を与えないところで工夫も続けて行きます。

今、東京23区内で、この規模の共同住宅を重量鉄骨造・鉄筋コンクリート造で建築すれば、坪140〜150万円程度は掛かります。
(地盤改良や外構、インフラ引き込みなどを全て含み、一般的なマンション設備を全てフル装備したコスト。)

次々、計画中止になる物件が出る中、この工法が「収益事業」にとっての助け船となるはずです。

木造耐火構造と比較した場合、建築単価は同程度ですが、4階建を建築できる敷地においては、これがベストな工法です。





重量鉄骨でもない、軽量鉄骨でもない、第三の鉄骨造である薄板軽量形鋼造。
2001年に鉄骨造の1タイプとして建築基準法関連告示に追加されました。
2012年の告示改正を受けて、
4階建の耐火建築物も建築できるようになりました。




プロトタイプ1棟目建築中の様子。見た目で分かる丈夫な構造です。各階はお互いを直径32-36mmのボルト数十本で繋いでいます。
地震力や風圧力を面で受けて、分散する事により強度を発揮する。自動車や飛行機のフレームが採用しているのと同様のモノコック構造体です。


IMG_8496


鉄壁システム採用現場の写真> 
鉄壁システムQ&A
鉄壁システムの歴史

TOPページへ戻る